您的位置:



森安孝夫業績目録


森安孝夫
2005-10-04 09:01:24 阅读
作者提供

中国史研究网络资源导航
 文章搜索
 近期热点文章
 累计热点文章
I - a 研究論文(単著)

1.「ウィグルと吐蕃の北庭争奪戦及びその後の西域情勢について」,『東洋学報』55-4, 1973 / 3, pp. 60-87, (English summary) pp. ii-iii.
2.「ウィグル仏教史史料としての棒杭文書」,『史学雑誌』83-4, 1974 / 4, pp. 38-54, (English summary) pp. 124-123.
3.「ウィグルの西遷について」,『東洋学報』59-1/2, 1977 / 10, pp. 105-130, (French summary) pp. v-vi.
  (中文摘訳)「関于回鶻的西遷」(陳俊謀  訳),『民族譯叢』1980-1, pp. 8-14.”
4.「チベット語史料中に現われる北方民族──DRU-GU と HOR──」,『アジア・アフリカ言語文化研究』14, 1977 / 12, pp. 1-48, (French summary) pp. 1-2.
  (中文摘訳)「敦煌藏語史料中出現的北方民族」(陳俊謀  摘訳),『西北史地』1983-2, pp. 103-118.
5.「増補:ウィグルと吐蕃の北庭争奪戦及びその後の西域情勢について」, 流沙海西奨学会(編)『アジア文化史論叢 3』,東京, 山川出版社,1979 / 8, pp. 199-238.
6.「ウイグルと敦煌」,榎 一雄(編)『講座敦煌 2 敦煌の歴史』東京,大東出版社,1980 / 7, pp. 297-338.
  (中文摘訳)「回鶻与敦煌」(高然  訳),『西北史地』1984-1, pp. 107-121.
7. “La nouvelle interprétation des mots Hor et Ho-yo-hor dans le manuscrit Pelliot tibétain 1283.”
Acta Orientalia Academiae Scientiarum Hungaricae 34-1/3, 1980, pp. 171-184.
  (中文摘訳)「伯希和敦煌蔵文写本第1283号新釈」(耿昇  訳),『敦煌譯叢』第一輯, 蘭州, 1985, pp. 231-246.
8. “Qui des Ouigours ou des Tibétains ont gagné en 789-792 à Be∑-balïq?”,Journal Asiatique 269-1/2, Numéro spécial Actes du Colloque international (Paris, 2-4 octobre 1979): Manuscrits et inscriptions de Haute Asie du Ve au XIe siècle, 1981, pp. 193-205.
  (中文摘訳1)「回鶻吐蕃789-792年的北庭之争」(耿昇  訳),『敦煌譯叢』第一輯, 蘭州, 1985, pp. 247-257.
  (中文摘訳2)「究竟是回鶻還是吐蕃在公元 789-792 年間奪据了別失八里?」(羅賢佑  摘訳),『民族譯叢』1982-3, pp. 38-41.
9. “An Uigur Buddhist’s Letter of the Yüan Dynasty from Tun-huang --- Supplement to “Uigurica from Tun-huang”---.”, Memoirs of the Research Department of the Tôyô Bunko 40, 1982, pp. 1-18.
10.「元代ウィグル仏教徒の一書簡──敦煌出土ウィグル語文献補遺──」 ,護 雅夫(編)『内陸アジア・西アジアの社会と文化』 東京, 山川出版社, 1983 / 6, pp. 209-231.
  (中文摘訳)「敦煌出土元代回鶻文仏教徒書簡」(楊富学/黄建華  訳),『敦煌研究』1991-2, pp. 37-48.(再録:楊富学/牛汝極『沙州回鶻及其文献』蘭州, 甘粛文化出版社, 1995, pp. 267-288.)
11.「吐蕃の中央アジア進出」,『金沢大学文学部論集  史学科篇』4, 1984 / 3, pp. 1-85, +2 pls.
  (中文摘訳)「吐蕃在中亜的活動」(●江?  訳), 王尭(編)『国外蔵学研究譯文集』第一輯, 拉薩, 1986, pp. 64-130.
12.「ウイグル語文献」,山口瑞鳳(編)『講座敦煌 6 敦煌胡語文献』東京, 大東出版社,1985 / 8, pp. 1-98, incl. 4 pls.
  (中文摘訳)「敦煌出土蒙元時代的回鶻文書」(楊漢璋  摘訳),『敦煌研究』1990-3, pp. 57-64.
13.「チベット文字で書かれたウィグル文仏教教理問答(P.t. 1292)の研究」,『大阪大学文学部紀要』25, 1985 / 3, pp. 1-85, +1 pl.
14.「『善悪因果経』の流通とその史的背景」,『三島海雲記念財団第23回事業報告書(昭和60年度)』 東京,三島海雲記念財団, 1986, pp. 225-231
15.「敦煌と西ウイグル王國──トゥルファンからの書簡と贈り物を中心に──」,『東方学』74, 1987 / 7, pp. 58-74, (English summary) pp. 5-6.
  (中文摘訳)「敦煌与西回鶻王国──寄自吐魯番的書信及礼物」(陳俊謀  訳),『西北史地』1987-3, pp. 117-127
16.「敦煌出土元代ウイグル文書中のキンサイ緞子」, 『榎博士頌寿記念東洋史論叢』東京, 汲古書院,1988, pp. 417-441, incl. 2 pls.
17.「ウイグル文書箚記(その一)」,『内陸アジア言語の研究』4 (1988), 1989 / 3, pp. 51-76.
18.「トルコ仏教の源流と古トルコ語仏典の出現」,『史学雑誌』98-4, 1989, pp. 1-35, (French summary) pp. 152-150.
  (中文摘訳)「突厥仏教的源流与古突厥語仏典的出現」(●?仲平  訳),『敦煌学輯刊』1996-1(総 29), pp. 114-135.
19. “L’origine du Bouddhisme chez les Turcs et l’apparition des textes bouddhiques en turc ancien.”,A.Haneda (ed.), Documents et archives provenant de l’Asie Centrale. Actes du Colloque Franco - Japonais organisé par l’Association Franco - Japonaise des Études Orientales, Kyoto, Dôhôsha, 1990, pp. 147-165.
20.「ウイグル文書箚記(その二)」,『内陸アジア言語の研究』5 (1989), 1990 / 3, pp. 69-89.
21.「ウイグル文書箚記(その三)」,『内陸アジア言語の研究』7 (1991), 1992 / 5, pp. 43-53.
22.「ウイグル文書箚記(その四)」,『内陸アジア言語の研究』9, 1994 / 6, pp. 63-93.
23. “Notes on Uighur Documents.” , Memoirs of the Research Department of the Tôyô Bunko 53 (1995), 1996 / 3?, pp. 67-108.
24.「オルトク(斡脱)とウイグル商人」,森安孝夫(編)『近世・近代中国および周辺地域における諸民族の移動と地域開発』(平成7・8年度科学研究費補助金基盤研究 (B)(2) 研究成果報告書),豊中, 大阪大学文学部, 1997 / 3, pp. 1-48.
25.「ウイグル文字新考──回回名称問題解決への一礎石」,『東方学会創立五十周年記念 東方学論集』東京, 東方学会,1997 / 5, pp. 1238-1226(逆頁), (English summary) pp. 96-97.
26.「大英図書館所蔵ルーン文字マニ教文書 Kao. 0107 の新研究」,『内陸アジア言語の研究』12, 1997 / 7, pp. 41-71, +4 pls.
27.「《シルクロード》のウイグル商人──ソグド商人とオルトク商人のあいだ──」,『岩波講座世界歴史 11 中央ユーラシアの統合』東京, 岩波書店,1997 / 11, pp. 93-119.
28.「ウイグル文契約文書補考」,『待兼山論叢 史学篇』32, 1998 / 12, pp. 1-24, incl. 2 pls.
29.「シネウス遺蹟・碑文」,森安孝夫/オチル(共編)『モンゴル国現存遺蹟・碑文調査研究報告』豊中,中央ユーラシア学研究会, 1999 / 3, pp. 177-195.
30. “On the Uighur çx∑apt ay and the Spreading of Manichaeism into South China.”,R. E. Emmerick, W. Sundermann and P. Zieme (eds.), Studia Manichaica. IV. Internationaler Kongress zum Manichäismus, Berlin, 14.-18. Juli 1997, (Berichte und Abhandlungen der Berlin-Brandenburgische Akademie der Wissenschaften, Sonderband 4), Berlin 2000 / 8?, Akademie Verlag, pp. 430-440.
31. “The Sha-chou Uighurs and the West Uighur Kingdom.”,Acta Asiatica 78, 2000 / 3, pp. 28-48.
  (中文摘訳)「沙州回鶻与西回鶻国」(梁暁鵬  訳),『敦煌学輯刊』2000-2(総 38), pp. 136-146.
32.「沙州ウイグル集団と西ウイグル王国」,『内陸アジア史研究』15, 2000 / 3, pp. 21-35.
33.「河西帰義軍節度使の朱印とその編年」,『内陸アジア言語の研究』15, 2000 / 10, pp. 1-121, +1 table, +10 pls. in color & 5 pls. in black and white.
  (中文摘訳)「河西帰義軍節度使官印及其編年」(梁暁鵬  摘訳),『敦煌学輯刊』2003-1(総 43), pp. 136-147.
34. “The West Uighur Kingdom and Tun-huang around the 10th-11th Centuries.”, Berichte und Abhandlungen der Berlin-Brandenburgische Akademie der Wissenschaften 8, Berlin : Akademie Verlag, 2000 / 12?, pp. 337-368, incl. many pls. (pp. 358-368).
35. “Uighur Buddhist Stake Inscriptions from Turfan.”,L. Bazin / P. Zieme (eds.), De Dunhuang à Istanbul. Hommage à James Russell Hamilton, (Silk Road Studies 5), Turnhout (Belgium) : Brepols, 2001 / 3, pp. 149-223.
36. “On the Uighur Buddhist Society at Çiqtim in Turfan during the Mongol Period.”,Mehmet Ölmez / Simone-Christiane Raschmann (eds.), Splitter aus der Gegend von Turfan, Festschrift für Peter Zieme anläßlich seines 60. Geburtstags, (Türk Dilleri Aratırmalar Dizisi 35), Istanbul / Berlin : ‡afak Matbaacılık, 2002 / 4, pp. 153-177.
37.「ウイグルから見た安史の乱」, 『内陸アジア言語の研究』17, 2002 / 9, pp. 117-170.
38. “Uighur Inscriptions on the Banners from Turfan Housed in the Museum für Indische Kunst, Berlin.”,Chhaya Bhattacharya-Haesner, Central Asian Temple Banners in the Turfan Collection of the Museum für Indische Kunst, Berlin, Berlin : Dietrich Reimer Verlag, 2003 / 1, pp. 461-474.
39.「コレージュ=ド=フランス講演録 ウイグル=マニ教史特別講義」,“Four Lectures at the Collège de France in May 2003. History of Manichaeism among the Uighurs from the 8th to the 11th Centuries in Central Asia.”
   I.  Introduction à l’histoire des Ouïghours et leur relations avec le Manichéisme et le Bouddhisme. (pp. 24-38.)(和文版:世界史の中におけるウイグル史とマニ教=仏教二重窟,pp. 39-48.)
   II.  Manichaeism under the East Uighur Khanate with Special References to the Fragment Mainz 345 and the Kara-Balgasun Inscription. (pp. 49-62.)
   III.  The Flourishing of Manichaeism under the West Uighur Kingdom. New Edition of the Uighur Charter on the Administration of the Manichaean Monastery in Qoço. (pp. 63-83.)
   IV.  The Decline of Manichaeism and the Rise of Buddhism among the Uighurs with a Discussion on the Origin of Uighur Buddhism. (pp. 84-100.)
森安孝夫(編)『シルクロードと世界史』T. Moriyasu (ed.), World History Reconsidered through the Silk Road,(大阪大学 21 世紀 COE プログラム「インターフェイスの人文学」報告書第3巻 Osaka University The 21st Century COE Program Interface Humanities Research Activities 2002*2003, Vol. 3), 大阪大学大学院文学研究科 Osaka: Osaka University, Graduate School of Letters, 2003 / 12, pp. 23-111, +15 pls. in colour, 8 maps, 3 figs.
40.「シルクロード東部における通貨──絹・西方銀銭・官布から銀錠へ──」,森安孝夫(編)『中央アジア出土文物論叢』京都,朋友書店,2004 / 3, pp. 1-40.
41. “From Silk, Cotton and Copper Coin to Silver. Transition of the Currency Used by the Uighurs during the Period from the 8th to the 14th Centuries.”,D. Durkin-Meisterernst / S. Raschmann / J. Wilkens / M. Yaldiz / P. Zieme (eds.), Turfan Revisited - the First Century of Research into the Arts and Cultures of the Silk Road, Berlin : Dietrich Reimer Verlag, 2004 / 5, pp. 228-239, incl. 2 pls.
42.「亀茲国金花王と舛砂に関するウイグル文書の発見」, 『三笠宮殿下米寿記念論集』東京,刀水書房,2004 / 11, pp. 703-716, incl. 1 pl.

I - b 研究論文(共著)

1. 山田信夫 (N. Yamada)/小田寿典 (J. Oda)/梅村 坦 (H. Umemura)/森安孝夫,「ウイグル文契約文書の綜合的研究」, 『中央ユーラシア史の再構成──新出資料の基礎的研究』(昭和61年度科研費報告書)京都, 1987, pp. 1-35.
再録:『内陸アジア史研究』4, 1988, pp. 1-35.
2. 吉田 豊 (Y.Yoshida)/森安孝夫/新疆ウイグル自治区博物館,「麹氏高昌国時代ソグド文女奴隷売買文書」, 『内陸アジア言語の研究』4 (1988), 1989 / 3, pp. 1-50.
  (中文訳)「麹氏高昌国時代粟特文賣買女奴隷文書」(柳洪亮  訳),『新疆文物』1993-4, pp. 108-115, +1 pl.
3. 多魯坤=転白爾 (Dolkun Kämbiri)/梅村 坦 (H. Umemura)/森安孝夫,「ウイグル文仏教尊像受領命令文書研究──USp. No. 64 などにみえる “çuv” の解釈を兼ねて──」, 『アジア・アフリカ言語文化研究』40, 1990 / 9, pp. 13-34, incl. 2 pls., (English summary) pp. 13-14.
4. 石見清裕 (K. Iwami)/森安孝夫,「大唐安西阿史夫人壁記の再読と歴史学的考察」, 『内陸アジア言語の研究』13, 1998 / 9, pp. 93-110, +2 pls.
5. 森安孝夫/吉田 豊 (Y. Yoshida),「モンゴル国内突厥ウイグル時代遺蹟・碑文調査簡報」,『内陸アジア言語の研究』13, 1998 / 9, pp. 129-170.
6. 森安孝夫/吉田 豊 (Y. Yoshida)/片山章雄 (A. Katayama),「カラ=バルガスン碑文」,森安孝夫/オチル(共編)『モンゴル国現存遺蹟・碑文調査研究報告』豊中,中央ユーラシア学研究会, 1999 / 3, pp. 209-224.
7. T. Moriyasu / Peter Zieme,“From Chinese to Uighur Documents.”,『内陸アジア言語の研究』14, 1999 / 9, pp. 73-102, +7 pls.
8. 森安孝夫/吉田 豊 (Y. Yoshida),「ベゼクリク出土ソグド語・ウイグル語マニ教徒手紙文」,『内陸アジア言語の研究』15, 2000 / 10, pp. 135-178.

II - a 著書(単著)

1.『ウイグル=マニ教史の研究』,『大阪大学文学部紀要』31/32, 1991 / 8, 248 p., +34 pls., 23 figs., 2 maps.
2. Die Geschichte des uigurischen Manichäismus an der Seidenstraße. --- Forschungen zu manichäischen Quellen und ihrem geschichtlichen Hintergrund ---. Übersetzt von Christian Steineck, (Studies in Oriental Religions 50), Wiesbaden : Harrassowitz Verlag, 2004 / 12, xix + 292 p. [ISBN 3-447-05068-3]

II - b 著書(共著)

1. 桑山正進(編),『慧超往五天竺國傳研究』京都,京都大学人文科学研究所,1992 / 3.(復刻再版:京都,臨川書店,1998 / 1.)
2. 山田信夫;小田寿典/P. ツィーメ/梅村  坦/森安孝夫(共編),『ウイグル文契約文書集成』全3巻, 吹田,大阪大学出版会,1993 / 12.
   N. Yamada; edited and revised by J. Oda, P. Zieme, H. Umemura & T. Moriyasu
  Sammlung uigurischer Kontrakte. 3 vols., Suita: Osaka University Press, 1993 12. (This work is written both in Japanese and in German.)
3. 森安孝夫/A. オチル(共編),『モンゴル国現存遺蹟・碑文調査研究報告』豊中,大阪大学文学部内,中央ユーラシア学研究会,1999 / 3.
4. 新疆吐魯番地区文物局(編),『吐魯番新出摩尼教文献研究』北京,文物出版社,2000 / 1.

III - a 概説論文(単著)

1.「渤海から契丹へ──征服王朝の成立──」,『東アジア世界における日本古代史講座 7 東アジア世界の変貌と日本律令国家』東京,学生社, 1982, pp. 71-96.
  (中文訳)「従渤海到契丹──征服王朝的成立──」(海蘭  訳),『民族譯叢』1982-4, pp. 40-50.
2.「景教」,前嶋信次, 他(編)『オリエント史講座 3 渦巻く諸宗教』東京,学生社, 1982, pp. 264-275.
3.「中央アジア史の中のチベット──吐蕃の世界史的位置付けに向けての展望──」,長野泰彦/立川武蔵(編)『チベットの言語と文化』 東京,冬樹社, 1987, pp. 44-68.
  (中文訳)「中亜史中的西蔵──吐蕃在世界史中所居地位之展望」(鐘美珠/陳俊謀  訳),『西蔵研究』1987-4, pp. 110-120.
4.「中央ユーラシアから見た世界史──東洋史と西洋史の間──」,『あうろーら』4, 1996, pp. 26-38.
5.「世界史の中の異文化交流」,柏木隆雄/山口 修(編)『異文化の交流』吹田, 大阪大学出版会, 1996, pp. 87-107.
6.「中央アジア学の今日的意義──新たなる世界史への視点──」,『月刊しにか』9-7(通巻 100), 1998 / 7, 東京,大修館書店, pp. 70-75.

IV - a 学界動向・学界消息・研究史(単著)

1.「イスラム化以前の中央アジア史研究の現況について」,『史学雑誌』89-10, 1980, pp. 50-71.
  (中文訳1)「関于伊斯蘭時期以前的中亜史研究之現状」(陳俊謀  摘訳),『中国史研究動態』1981-4, pp. 1-10.
  (中文訳2)「伊斯蘭化前的中亜史研究現状」(劉世哲/●?玉林  摘訳),『民族譯叢』1983-1, pp. 53-? & 1983-2, pp. 50-?.
2.「日本における内陸アジア史並びに東西交渉史研究の歩み──イスラム化以前を中心に──」,『内陸アジア史研究』10, 1995 / 3, pp. 1-26.
3.「ポール・ペリオ」, 『月刊しにか』5-6, 1994, 東京,大修館書店, pp. 106-113.
4.「ポール・ペリオ」, 高田時雄(編)『東洋学の系譜 欧米篇』1996, 東京,大修館書店, pp. 137-152.
5.「欧州所在中央アジア出土文書・遺品の調査と研究」,『東方学』99, 2000 / 1, pp. 122-134.
6.「序文──シルクロード史観論争の回顧と展望──」,森安孝夫(編)『中央アジア出土文物論叢』京都,朋友書店, 2004 / 3, pp. i-vii.

IV - b 学界動向・学界消息・研究史(共著)

1. 梅村 坦/森安孝夫,「回顧と展望:内陸アジア(中央アジア・北アジア)」,『史学雑誌』82-5, 1973, pp. 235-245.
2. 梅村 坦/斯波義信/高田時雄/森安孝夫,「座談会 欧米の東洋学」,『月刊しにか』5-3, 1994, 東京,大修館書店, pp. 44-56.
再録:高田時雄(編)『東洋学の系譜 欧米篇』1996, 東京,大修館書店, pp. 279-298.
3.「先學を語る──榎 一雄博士──」, 『東方学』92, 1996, pp. 161-185.
4.「先學を語る──護 雅夫博士──」,『東方学』108, 2004 / 7, pp. 122-149.

V 講演録・簡報・学会発表要旨

1.「仏教と異宗教との出遭い」,龍谷大学三五〇周年記念学術企画出版編集委員会(編)『仏教東漸祇園精舎から飛鳥まで』京都,思文閣出版, 1991, pp. 108-125.
2.「世界史の中の異文化交流」,『異文化の交流──過去・現在・未来──』(平成五年度大阪大学放送講座)吹田, 大阪大学, 1993, pp. 57-68.
3.「古代ウイグル文書の世界」(平成七年度春季東洋学講座講演要旨), 『東洋学報』77-1/2, 1995, pp. 169-173.
4.「帰義軍時代の沙州ウイグル」(第45回東方学会全国会員総会講演・シンポジウム発表要旨),『東方学』91, 1996, p. 161.
5. “A Report on the 1996-1997 Mongol - Japanese Expeditions in Mongolia.” Newsletter of the Circle of Inner Asian Art 7, 1998 / 4, pp. 6-8.
6.「ウイグル文字文化からモンゴル文字文化へ」,『日本モンゴル学会紀要』31, 2001. 3, pp. 175-176.
7.「河西帰義軍節度使の朱印とその編年」,『唐代史研究』4, 2001 / 6, pp. 194-196.
8.「シルクロードと世界史──とくにウイグルの動向を中心に──」,『第35回大阪大学開放講座』大阪大学, 2003. 9, pp. 23-31.
9. 森安孝夫/山内晋次「全国高等学校世界史教員研修会」,森安孝夫(編)『シルクロードと世界史』(大阪大学 21 世紀 COE プログラム「インターフェイスの人文学」報告書第3巻),大阪大学文学研究科, 2003 / 12, pp. 257-324.
10. 森安孝夫「中央アジア・シルクロードと中国史」,『東洋史からアジア史へ──変わる世界史、広がるアジア──』(明治大学文学部特別企画シンポジウム報告)明治大学文学部, 2005 / 3, pp. 3-6.
11. 森安孝夫「前近代中央アジアにおける税役」,『東方学会報』88, 2005 / 8, pp. 14-16.

VI 書評

1. 後藤富雄『騎馬遊牧民族』(世界史研究双書 2),『史学雑誌』80-6, 1971, pp. 101-103.
2. C.マッケラス著『両唐書より見たウイグル帝国』,『東洋学報』55-3, 1972, pp. 123-133.   
3. C.マッケラス著『両唐書より見たウイグル帝国』補説, 『東洋学報』55-4, 1973, p. 120.
4. 神 直道著『景教入門』,『季刊東西交渉』1-1, 1982, p. 31.
5. 小口八郎著『シルクロード──古美術材料・技法の東西交渉』,『季刊東西交渉』1-2, 1982, p. 42.
6. 柳宗玄/金岡照光(著)『敦煌石窟寺院』(世界の聖域別巻2),『季刊東西交渉』1-3, 1982, p. 28.
7. 村上真完著『シルク・ロード遺跡の旅』(レグルス文庫 145),『季刊東西交渉』1-4, 1982, p. 36.
8. 護雅夫著『古代トルコ民族史研究 第Ⅲ巻』,『東洋史研究』57-3, 1998 / 12, pp. 81-98.

VII 翻訳

1.「モンゴリアを中心とする北・中央アジアの先史学・考古学・歴史学・民俗学──エレオノーラ=ノヴゴロドーヴァ女史講演録(2)」 ,『月刊 シルクロード』6-9, 1980年12月号, pp. 3-10.

VIII 編集

1. 森安孝夫(編)『金沢大学北・中央アジア史関係図書目録』 金沢大学文学部 東洋史研究室・日本海研究室, 1984.
2. 森安孝夫/吉田豊/P. Zieme(共同責任編集)『内陸アジア言語の研究』第VIII-XX号, 中央ユーラシア学研究会, 1993-2005.
3. 森安孝夫(編)『近世・近代中国および周辺地域における諸民族の移動と地域開発』(平成7・8年度科学研究費補助金基盤研究 (B)(2) 研究成果報告書), 豊中, 大阪大学文学部, 1997 / 3.
4. 森安孝夫/オチル(共編)『モンゴル国現存遺蹟・碑文調査研究報告』,  豊中, 中央ユーラシア学研究会, 1999 / 3.
5. 森安孝夫(編)『シルクロードと世界史』(大阪大学 21 世紀 COE プログラム「インターフェイスの人文学」報告書第3巻,大阪大学文学研究科, 2003 / 12.
6. 森安孝夫(編)『中央アジア出土文物論叢』, 京都,朋友書店, 2004 / 3.

IX その他(ただし学問と全く関わらないものは含めない)

1.「渤海」,『週刊アルファ』224, 1974, pp. 5369-5370.
2.「慈恩伝とウイグル仏教(行歴僧伝にみえる中央アジアとインド班)」,『人文』29, 京都大学人文科学研究所, 1984, p. 25.
3.「カラシャール」,『ENCYCLOPEDIA NIPPONICA 2001 日本大百科全書』5, 東京,小学館, 1985, p. 819.
4.「カラ・バルガスン」,『ENCYCLOPEDIA NIPPONICA 2001 日本大百科全書』5, 東京,小学館, 1985, p. 852.
5.「大祚栄」,『ENCYCLOPEDIA NIPPONICA 2001 日本大百科全書』14, 東京,小学館, 1987, p. 448.
6.「ペリオ」,『ENCYCLOPEDIA NIPPONICA 2001 日本大百科全書』21, 東京,小学館, 1988, p. 117.
7.「渤海」,『ENCYCLOPEDIA NIPPONICA 2001 日本大百科全書』21, 東京,小学館, 1988, p. 541.
8.「全体史的視角からのウイグル史研究」,『第 18 回三菱財団事業報告書昭和 62 年度』1988, pp. 250-251.
9.「シルクロードの千仏洞──一皮むけばマニ教寺院」,『朝日新聞』1988 年6月 30 日付夕刊(文化欄)
10.「シルクロード研究 関西が世界の学界をリード」 ,『朝日新聞』1988 年 12 月 16 日付夕刊(文化欄)
11.「全体史的視角からのウイグル史研究 (2)」,『第 19 回三菱財団事業報告書昭和 63 年度』1989, pp. 274-275.
12.「學問の師としての榎一雄先生」(榎 一雄博士追悼録),『東方学』80, 1990, pp. 222-224.
13.「ウイグルのマニ教=仏教二重窟」,『月刊しにか』2-1, 1991, 大修館書店, pp. 20-25.
14. 『現代書道二十人展第 35 回記念 トゥルファン古写本展』図録, 分担執筆, 朝日新聞社, 1991.
15.「シルクロード学の不滅の金字塔──『ウイグル文契約文書集成』に寄せて──」,『毎日新聞』1993 年 11 月 30 日付夕刊(文化欄)
16.「感動を呼ぶ都市遺跡──モンゴル遊牧民の歴史遺産──」,『読売新聞』1996 年 10 月 25 日付夕刊(文化欄)
17.  百済康義/森安孝夫「大谷探検隊収集西域文化資料とその関連資料 3.橘資料目録」,『仏教文化研究所紀要』35, 1996, pp. 50-57.
18.「護 雅夫博士の訃」,『史学雑誌』106-3, 1997, pp. 114-117.
19.「護 雅夫先生と私」(護 雅夫博士追悼録),『東方学』94, 1997, pp. 149-151.
20.「榎 一雄」,『歴史学事典 5 歴史家とその作品』東京,弘文堂, 1997 / 10, pp. 107-108.
21.「ペリオ」,『歴史学事典 5 歴史家とその作品』東京,弘文堂, 1997 / 10, pp. 503-504.
22.「大草原の古代都市遺跡と碑文調査」,『サイアス』朝日新聞社,2000 年8月号, pp. 64-65.
23.「大谷探検隊とその将来品──モンゴルの調査──」,『本願寺新報』2001 年6月 10 日
24. “The West Uighur Kingdom and Tun-huang around the 10th-11th Centuries.”, Annual Report of Osaka University, Academic Achievement 2000-2001, 2001, p. 50.
25.「大谷探検隊とその将来品──ベゼクリクの二重窟──」,『本願寺新報』2002 年 11 月 10 日
26.「シルクロードと世界史──陸と海から世界史的ダイナミズムを実証する──」, 大阪大学 21 世紀 COE プログラム「インターフェイスの人文学」ニューズレター 1, 2003 / 3, pp. 14-15.
27.「ハミルトン博士の訃」,『内陸アジア言語の研究』18, 2003 / 8, pp. i-vi.
28.「コラム歴史の風 シルクロードからの風」, 『史学雑誌』113-3, 2004 / 3, pp. 34-36.
29.「百濟康義教授の訃」(P. ツィーメ,吉田豊との共著),『内陸アジア言語の研究』19, 2004 / 8, pp. i-iii.
30.「シルクロード「学」へのまなざし」NHK「新シルクロード」プロジェクト編『NHKスペシャル 新シルクロード 1 楼蘭・トルファン』日本放送出版協会, 2005 / 2, pp. 196-210.
编辑:贾建飞


发表评论】 【文章回顾】 【收藏本文】 【发送本文】 【关闭窗口

 相关文章
  • 森安孝夫(HOT!) (10/26/2004 01:50)

  •  
    版权所有:欧亚学研究